沿革

1991~現在

 
ぺぺが「広東料理を中心として有名な飲茶点心と中国各地東西南北の伝統的な代表料理をもっと日本の多くの方々に親しんでもらいたい」と言う夢がついに実現できたのです。

「美味飲茶酒樓」の経営者は台湾生まれの歐陽蓓蓓(ペペ)です。1991年11月日本飲食業界での(株)泉屋東京店、(株)紀文、(株)チェリオコーポレーション各社と共同出資をして、国際的な街・東京渋谷区広尾にて「美味飲茶酒樓」の前身と言うべき「 」を開業させていただきました。お蔭様で日本の人々に好評を得まして、1998年11月ペペが独立しまして都市文化発信地の代官山にて「美味飲茶酒樓」をオープンして現在に至っています。